問い合わせ

【住所】〒197-0011 東京都福生市福生660-5

【TEL】 042-505-9250

【定休日】 木曜日

   ※水曜日不定休

LIVE活動やリハーサル、都合により変動します。
急の来店の場合、対応できない場合がございますので事前の連絡をお願いします。

【MAIL】anaguma52@gmail.com

T.Tcafe Cable 誕生!!

Guitarはもちろん、ウクレレ、バンジョー、マンドリンと数多くの楽器をこなし
最新著書
「ギタリスト養成塾 はじめてのアコギジャズ入門 」
模範演奏CD付 アコースティック・ギターでジャズに挑戦!
はじめ多数の著書でも知られる
大阪芸術大学教授 中村たかしさんとのコラボレーションで、工房アナグマオリジナルの、シールドケーブル「T.Tcafe Cable」が誕生しました!!

13891939_657490287733489_6664641035195155237_n

GUITAR工房アナグマの、RED-FATシリーズで培った技術はもちろん
中村たかしさんに、実際に多数のケーブルをご用意し、さらに試奏や、ディスカッションを重ねることで、音決めを行いました。
コンセプトとしては、従来のケーブルが強調しすぎてしまっていた、ウクレレや、ギターの出力する高域の硬さや、中~低域の空気感をストレスなく出力し、ナイロン弦の持つ温かみを損なわないというもの。

すでに実際に現場に投入されて高い反響を得ています。13882546_657490307733487_7076718617426558224_n
詳しくは商品ページをご覧ください!

Hofner Violin bass リペア MODIFY

Hofner Violin bassの修理MODIFYでした。

DSC_1352
DSC_1352

なかなか悩ましい要素盛りだくさんのこのBASS。。。
ご使用の方で、いろいろとお困りになりながらも
あの世界でもっとも有名と言っても過言ではない、あのBANDのBassistが使用していることで「この楽器は、こういう音なんだ!これを弾きこなしてこそあのバンドのカバーをしているって言うもんだ!」と思っていらっしゃる方も多いことかと思います。。。
ですが、やはり独特の回路設計による楽器への答えは
・「はっきり言って回路の意味が解らん!」
・「どうセッティングしたら、一番まともな音になるかで判断している。」
・「操作性は最高によくない!」
と言うお声は非常に多く耳にします。
バランスさえしっかりとることで弾きやすさは改善しますが、演奏しやすさと言う意味での操作性などは、やはりしっかりセットアップされた状態にはかないません。
この楽器に求める、ルックスを壊さず、操作性と音質、ノイズの低減、ピッチの安定感の全てにおいて改善することが出来るのですが、やはり手に取っていただかないことには、言葉以上に物事は伝わりにくいと思います。
決してオーバーな表現ではなく、しっかり使える状態を越えたポジションで楽器の性能を求めていらっしゃったら、なにかしらアナグマには回答があるはずです。

凄い人達!!

が、アナグマに!
しかもお二人!
鈴木英俊さん
成川正憲さん
二人とも心から尊敬する、素晴らしいギタリストです。
お二人は別々にご来店。
共通の知り合い、を多く持つのはもちろん同じサックス奏者と演奏されていますが、ちゃんとお会いするのは初めてとのこと。
アナグマが、そんな場所になっちゃってひとりで大興奮しておりましたw

0502

今後ますます関係が深まっていきそうな二人。
乞うご期待です!!

こんなんも直しました。。。

13179356_867037930071307_4402024627899734294_n

GUITAR工房やっちゅうのw
と言われてしまいますがw
20年以上前の鍵盤で、オフィシャルパーツの電源SWが無くなったとのことで、依頼されました。
右側の丸っこいのが電源SW
更に、LINE出力端子がRCAのLRのみでしたので、(右に見えるのは、ST-Phone兼HeadPhone端子と、ダンパーの入力)ステレオ各々で出力できるPhoneジャックを追加(増設)加工しました。

既に現役生活23年の(93年製造製品)、楽器ですがこれからまた前線復帰です!

ありがとうございました。