meets john page&j.w.black

今日は仕事で都内某所へ・・・
fender guitarのcustom shop発起人でもある john page氏と元シニアマスタービルダーのj.w.black氏にお会いすることができました
http://www.pageguitars.com/about/scrapbook

http://www.jwblackguitars.com/

両氏ともに、もの凄い経歴や技術ををお持ちなのですが、とてもフランクで紳士でいろいろとお話をさせていただきました。

たぶん会場では、自分が一番たくさんのGuitarを弾かせていただきましたが(笑)
試奏後に両氏がちかづいてきてくれて「Very nice!!」「nice feel!!」とお声掛けいただきました!!
いやぁ~guitarひいててよかったと感じる瞬間でした・・・
伝説的なGuitar職人に演奏を褒めてもらえるってのは、最高です!!
楽器屋として行ったのに、プレイヤーとして賞賛いただけるとは。。。(笑)

両氏がおっしゃっていたのは、「楽器はあくまで音楽を作るための道具であって飾り物ではない」ということで、「スペックや見た目の豪華さではなく、実際に弾いていい音を奏でてもらえることが何より幸せなんだ!!」とのこと・・・
まさに自分が思う理想のGuitar職人像でした。
英語が話せたらどんなにいいんだろうかと・・・最近多々思うことがありますが今日もさらに思わされてしまいました。

「すばらしいGuitarを聞かせてくれてありがとう!!」
と、両氏に言われてちょっと泣きそうになりました。
さて・・・がんばって仕事します!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です