Isolation

多くのエフェクトユーザーを悩ませる、電源問題
アナグマは、設立当初から、電源のクリーン化や
ノイズ問題に取り組んできましたが、また新たな一歩を踏み出すために再開発を日々進めております。
今回は、こちらをご紹介!
ISO5!!!

ISO51


エフェクトの電源における問題点で、やはり目をつぶってしまうことが多いノイズ問題ですが、音楽に必要ない音は、無きゃ無いで、とことん無いほうが言い訳でw
所謂グランドノイズと言うものがあるのですが・・・

 

単純に、すべての電源信号のグランドノイズの切り離しを行うことで解消される。。。
(そろそろ、話が難しくなってきますw)
のですが、単純にグランドを切り離した配線で行うのではなく、
(そのせいで生まれてしまうノイズがあるので、アナグマ的には論外なのです。)

電源にリンクしてしまうノイズをシャットアウトするという考え方です。

ISO5

解りやすく言うと、共通する電源部分にデジタル物のEF、アナログ物のEFを繋いだ際に発生する、デジタルノイズをシャットアウトする事が出来ると言う優れものです。
電源一つ一つを、パラレル接続するのではなく、ブリッジからレギュレートした安定電源を出力させています。
一つ一つカスタムオーダーで製作していますので、お使いのシステムにあわせて製作可能です。

※製作したものは各出力9V 500mA-limit

各LEDは、出力端子稼動の有無に連動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です